リハビリテーション

概要

当センターでは、入所の方、通所の方、外来の方に対してリハビリテーションを行います。
どんなに重い障害があっても、暮らしの『体験』が広がることを一番大切にして、専門職である、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床発達心理士、のスタッフと、設備環境を整え、機能にあわせたリハビリテーションを行います。
また、福祉用具の相談や企画支援も行います。
地域支援として、近隣の関係機関や特別支援学校の職員に対し、リハビリテーション技術など指導も行っています。

理学療法

からだのかたさや呼吸のしづらさを改善し、一人ひとりに合わせた安全で過ごしやすい姿勢の工夫などをボバース法を基本にして支援しています。特に多職種間で協力して、道具に頼らないで直接触れ合える抱っこを通じた細やかな関わりのリハビリを大切にしています。

作業療法

作業活動を通して身体や手の運動機能の発達を促します。姿勢や椅子、玩具などを工夫しながら、楽しく遊べ、体験できた達成感が得られるようにリハビリしています。また、日常生活に沿った食事、排泄、入浴などの動作の指導や援助も行っています。

言語聴覚療法

安全に楽しく食べる、安楽な呼吸をする、ことば・声・口・表情の動きで表現することなどを支援しています。特に食べる機能では、障害の特徴や食事姿勢、口腔機能に合う食形態など幅広い課題のため、医師や管理栄養士など幅広いチームで連携をはかっています。また、コミュニケーション支援では「わかってもらえるって嬉しいな」と感じる・伝わる経験を大切にしたいと考えています。

心理相談

発達検査や毎日の療育活動に加わって心と行動の発達を心理学的に評価しています。当センターで安心して楽しく過ごして頂けるような丁寧な関わりの視点を他部門のスタッフと共有し、工夫しています。また、ご利用者様やご家族の、さまざまな問題や心の悩みについてのご相談にも応じています。
サービスについてのお問い合わせ
CopyRight© 堺市立重症心身障害者(児)支援センター『ベルデさかい』 All Rights Reserved.